寒さからくる頭痛!吐き気まで!?原因と対策~

冬は冷えや乾燥に悩まされる季節です。

でも、冬の寒さが引き起こすのはそれだけではありません。

寒くなると頭痛吐き気を引き起こすこともあるのです。

今回は寒さと頭痛・吐き気の関係性と、寒さが原因の場合それらの症状に対処する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

寒さと頭痛

まずは寒さと頭痛の関係性から探って行きましょう。

頭痛の種類として緊張型頭痛と年頭痛がありますが、それぞれの特徴と原因をみていきましょう。

緊張型頭痛

この症状は後頭部から首筋にかけて痛くなり、頭がズーンと重くなり頭の周りを圧迫されているような頭痛です。

人の体は温かい部屋から、寒い室外へ出ると急に血管が縮まり血行が一気に悪くなります。

すると首や肩の血行も悪くなるので筋肉が緊張し頭痛を引き起こしてしまうのです。

対 処 法

この対処法としては、首周りや肩周りの筋肉の緊張をゆるめてあげましょう。

首や肩のストレッチ、温湿布や首・肩用の湯たんぽでじんわり温めてあげることで血行を改善し頭痛を軽減出来ます。

スポンサーリンク

偏頭痛

次に偏頭痛です。

偏頭痛は慢性的に発症し季節もあまり関係ないと思われがちですが、寒さがこの偏頭痛を刺激してしまうのです。

偏頭痛が慢性化している人も多いですが、症状は脈打つリズムと同じように、痛みもガンガン・ズキズキと痛みひどい人は視界も悪くなるため目が開けられない人もいます。

偏頭痛は先ほどの緊張型頭痛とは違い、血行が良くなりすぎると発症します。

寒さが原因となるケースは寒い室外から、急に暖かい部屋に入った場合や、寒い脱衣所から暖かなお風呂へ使った場合などです。

寒さでキュッと縮まっていた血管が温まることで拡張され一気に血管が広がるので血管の周りが炎症してしまうのです。

その炎症が感覚神経を刺激してしまうので痛みが伴うということです。

対 処 法

炎症には冷やすと効果的ですから、痛みがある部分を冷やしてあげましょう。

炎症が落ち着き広がりすぎてしまった血管も収縮し痛みが和らぎます。

寒さからの頭痛を無くす対処法

結局のところ、寒暖差をあまりつくらない工夫をすると言うことになりますね。

◆寒い屋外でも暖かい飲み物をこまめにとったり、逆に暖かい室内は温度を少し下げその分厚着をするなど寒暖差を少しでも縮めましょう。

 

◆また、適度な運動で自分自身の代謝も上げると筋肉が寒さで緊張しづらくなったり、室内の温度を下げても快適に過ごせるようになりますよ。

 

スポンサーリンク

寒さと吐き気の関係

さて、私もたまに引き起こすのですが・・・

寒さによる吐き気。

実は、寒さが原因の吐き気にも血液の流れがとても深く関係していると分かりました。

血液は本来栄養を体内にくまなく運ぶために体全体に流れています。

 

しかし、血液の仕事はそれだけでなく体に溜まった老廃物を受け取る役目も果たしているのです。

 

しかし、この血液が寒さによって血管が縮み流れが悪くなると手足・足先など体全体に血液が行き届かなくなってしまうんですね。

 

すると、体の至る所で血液が十分に行き届かなかったところは老廃物の回収がされず結果、それが疲労となって体調にあらわれてしまうんです。

 

この血液の流れはもちろん、体の司令塔である脳にも十分に巡っている必要があります。

 

ですが、寒さのせいで脳に血液が滞っていると自律神経のバランスが崩れてしまうのです。

 

自律神経は内臓を動かす大切な役目を担っています。

 

ですから、血流の悪さで自律神経のバランスを崩すと吐き気や消化不良を訴え腹痛も併発するケースもあるようです。

思っていたよりも怖い状況じゃありませんか!?

スポンサーリンク

寒さによる吐き気の対策

対策としてはまず温めることが最優先です。

体温が逃げないような暖かい服装はもちろんのこと、室内の温度を上げたり貼るカイロなどを使って体全体を温めましょう。

カイロはおへその上やお尻の仙骨に貼ると効果的だと言われていますよ⏬

寒い時に温まる方法!カイロを貼る場所知ってますか?

それから、冬でも室内では靴下を履かない人もいるかもしれませんが、靴下は必須アイテムです!

肌が露出しているとそこから冷えてしまうので、肌が出る範囲は最小限にとどめましょう。

冷えには生姜湯などが効果的だと言われていますが、吐き気や腹痛の最中味が濃い物や匂いがする物は中々飲めませんよね。

でも、体内から温めることはとても大切です。そこでオススメなのが白湯。

弱った胃からゆっくりと温めてくれる上に、弱った体には白湯は一番刺激が少なく無理をしなくても喉を通るのではないでしょうか。

もちろん、吐き気がひどい時は無理に口から入れることはやめましょう。

まずは外側から温めて、吐き気が少し落ち着いてきたら試してみましょうね。

目指せ冷え性改善!原因と対策【食べ物・飲み物】日常の見直しから始めましょ!

さらに外側から一番効率的に温めてくれるのがお風呂です。

肩までゆっくり浸かれば全身の血行促進につながります。

身も心もリラックスすることで、自律神経のバランスも安定するでしょう。

これも無理は禁物です!吐き気や腹痛の症状がひどいときは水圧で圧迫され症状が悪化することもありますので、足湯などからトライしましょう。

 

何より大切なことは、自分が寒さに弱いという事を自覚して、自律神経のバランスを普段から安定させておくことだと思います。

普段から体を温めることを意識しましょう。

頭痛の対策と同じで、代謝を上げることは丈夫な体づくりにも一役かってくれます。

 

また、アルコール類も体が冷えやすいので量を減らしたり、バランスの良い食事で血をサラサラにしておくとより効果的でしょう。

あまりにも頭痛や吐き気の症状がひどく、続く場合は“寒さのせい”と片付けず病院を受診してください。

寒さから起きる体の不具合を出来るだけ早く察知し改善していきましょうね!

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です