反抗期の息子への対応~無視され続けたメモ手紙のチカラ

私は、シングルマザーで3人の子供を育てました。

現在は3人とも既に成人しています^^

息子(長男)が中学2年生の頃から反抗期が激しくなり、今回は当時のことを思い出しながら書かせていただきます。

ペンネーム:ゆうママ

スポンサーリンク

長男はそれまではとても素直でいい子でした。

中2の夏頃から徐々に口数が減り、何を聞いても、話しかけても素っ気なく使う言葉はいつも同じ。

「別に」

「あ゛!?」

「は?」

以上です。

何だ?その態度は・・・

とイライラし注意するとますます機嫌が悪くなりました。

思春期だし仕方がないと頭では分かっているつもりでしたが、あまりにもひどい態度に私の苛立ちも募る一方。

一方通行の手紙

一触即発の日々が続きましたが、このままで良い訳がないことくらい分かっていましたから、まずは母親としての気持ちをきちんと伝える事を決めました。

怒ったり、注意をするとケンカになってしまうのでなるべく口うるさく言うのはやめて、様子を見ていくことにするね。

でも、放ったらかしではないよ。

 

いつでも何かあれば話は聞くよ。

相談にものるよ。

学校のこと、家のこと、友人のこと

悩んでること、言いたいこと、

何でも1人で抱え込まないでね、ということを分かってほしくて。

そしてもう一つ大切なこと。

私の気持ちを素直に伝えました・・・

素っ気なくつんつんされてお母さんは寂しい。

私はこんな風に毎日、メモ書き程度ですが長男に手紙を書き続けたのです。

 

しかし私の気持ちとは裏腹に、その後、息子は反抗期と言うより、少しグレました・・・

スポンサーリンク

 

ようやく来た返事

返事のない一方通行のメモ手紙をずっと続けたある日・・・

 

返事が来ました。

 

夜中に書いたのでしょう。

私の部屋のドアに挟んでありました。

 

「每日、手紙ありがとう。今まで無視しててごめん」

 

短いメモでしたがとても嬉しかったことを覚えています。

私は、『ちゃんと顔を見て直接おしゃべりしよう』と返事を書き、その後、久しぶりに長男と向き合ってたくさんの話をしました。

スポンサーリンク

長男からの告白

長男はいろいろと話してくれ、なぜ反抗をしたのか理由が分かりました。

うちはシングル家庭なので私は忙しく、長男に負担もかけすぎていたこと。

妹と弟の面倒をよく見る良い子でいることのプレッシャー。

また、思春期の心と体のバランスが上手く取れず八つ当たりのようなことをしていたんだと理解できました。

私も色々お兄ちゃんだから当たり前という感じで頼りすぎてたことを反省しました・・・

 

子供が成人したいま、私が思うこと

どこの子供も反抗期は当然あって、時が経てば収まるしと思っているかも知れませんが、反抗してくるなにか原因があるのだと思います。

私はこの経験から、

時が経てば・・・と待ってるだけでなく向き合ってちゃんと話を、思いを、聞いてあげることは大切だと思いました。

 

「うるせーな!!」「何でもねーよ」とか反抗期真っ只中には難しいかも知れませんが、大人になりきれない中、子供もどうしていいのか分からずにいると思うので、

お母さんいるよ、お父さんいるよと安心させてあげることはとても大切なことだと思います。

後日談(就職する息子)

あれから数年後、

息子が就職で家をでる時、引っ越しの手伝いをしていたところ・・・

 

押入れの中から紙袋が出てきて、その紙袋の中には私が書いたメモ手紙が全て入っていました。

 

広告の裏に書いたような紙切れまで入っていました。

 

こんな何年も前のまで取ってあったこと、嬉しくて涙が出ました・・・

つんつんされて寂しかったりイライラしたり、色々あったけれど本当に良かった・・・今では心から思えます。

娘が発達障害と診断されたシングルマザー、伽羅さんのお話

⇒反抗期なの?発達障害なの?自分を傷つける娘への対応が分からない。

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございました。

【感動】シングルマザーと反抗期の実話物語の特集はこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です