反抗期がない娘の将来~自立心は親への反抗から始まる?

私自身は激しい反抗期により、母を階段から突き飛ばそうとした経験の持ち主・・・

でも娘の反抗は私とは全く違うもので困惑する。

反抗期のない娘の育て方は意外にも難しく、母親としてどのような行動を取ればよいのか、・・・

答えなんてないとは思うけれど、我が家の話が誰かの参考になればという思いで書きます。

スポンサーリンク

穏やかだった娘

私は娘が2歳の時に離婚。

シングルマザーで育てたけど、その後再婚。

シングルマザーだった頃の私は余裕がなかったと思い返す。

私は怒ると怖く、例え正しいことであったとしても娘を怒鳴り制圧するやり方は悪かったと反省している・・・

その為か、娘は怒られても自分の意見が言えない。

反論しない。
自我がない。

私自身は親から愛情を注いでもらえなかったという思いがあるせいで、娘とは、友人のように仲良くしていたいと思っていたが、少しずつ理想の関係とはかけ離れていった・・・

再婚。娘の変化

私は娘が可愛くて可愛くて仕方がなく、よく抱きついたりしていた。

怒る時以外は過保護だと自覚している。

そんな関係だったから、娘には反抗期がないのかと思っていた・・・

 

でもそのあと私は再婚し、少しずつ関係に変化がでてきた。

最初は夫と娘は仲良くしていると思えていたけど、徐々に娘を怒るようになり関係はギクシャクしていった。

 

もしも男性が読んでいたら申し訳ないけれど、男というものは頭の中が幼く馬鹿げているときがある・・・

夫が間違えていることを言っている時は、容赦なく私から夫に攻撃してしまい、娘もそんな関係を見て居心地の悪さを感じるようになっていたのかもしれない・・・

次第に夫がいるとき、娘は会話をしなくなりリビングにもあまり下りてこなくなった。

スポンサーリンク

学校での変化

娘は中学に入り少しして、部活で浮くようになってしまったようで、同級生がやるべき事をやらず遊んでばかりいるのを見て、自分から距離をおくようになったとのこと。

そしてその頃から私にも学校の事を話さなくなってしまった。

笑顔が極端に減り、なにを言っても空返事。

 

そんな夏休みの事・・・

仕事中に学校の先生から電話がきて、驚きの報告を受ける。

 

『娘さんが部活にきていません。無断で休むような子ではないので、心配で電話しました。』

 

部活に向かった形跡があり、携帯も持っていっていない。

探し回り、娘が行きそうなところを聞いたりしたが、だめだった・・・

かなり時間もたったので、警察にも電話したものの『そのうち帰ってくるのでは?』なんて呑気な返答を受け“いい加減だ”と思いつつ私自身もそのうち帰ってくると思ってはいた。

 

それから少しし、何事もなかったかのように帰ってきた娘。

私『どこ行ってたんだよ!!』

娘『友達の家』

私『なんで部活無断欠席して遊び行ってるんだ、先生も探してくれてたんだよ!』

娘『… …』

 

すぐ学校に連れていき、先生に報告と謝罪。

私が聞いても答えないのに、先生が聞くと口を開く娘。

 

『宿題をやっていて、気づいたら部活の時間が過ぎてしまっていた。学校まで行ったが入れず、自宅に帰ると父親が昼休みで帰って来るので、自宅にも帰れなかった。』

 

それからは、いなくなることは無かったが、会話は減ったまま。

次第に私が怒ると物にあたるようになっていき、自分の部屋にこもり、バタン!

 

これを反抗期というのか?

ほんの少し避けられているが、言い返す訳でもなくこんなの反抗期の内にはいらない・・・

私のように『うっせーくそばばぁ!』と言うくらいでいいのに。

私の反抗期。母親を階段から突き飛ばした話はこちら。
⇒反抗期「クソババア!死ね!」母親を階段から突き飛ばした私・・・

 

反抗期がないことを心配するなんておかしな話かもしれないが、このまま自立出来るのだろうかと心配しだしたころ事件がおきた。

スポンサーリンク

事件。泥棒はまさかの?

それから少してある事件が起きた。

私の化粧品が何個かなくなっている!?!?

私がぼけたのかと思っていたのだが、昨日棚に確かに置いてあった香水がない。

 

娘を問いただしたが知らないの一点張り。

 

でも、娘は化粧品に全く興味がないので、本当だろうなと分かった。

 

そこで次に聞くことは一つ。

 

誰か家に入れた???

言いにくそうに娘が答える。

 

「小学校の時の同級生を家にあげた・・・」

 

小学校の時、何度も娘のお金がなくなる事件があり、怪しい子が特定できていたため唯一家に入れないように伝えていたあの子だった。

 

約束していたのに・・・

嘘をついていたのだ・・・

 

私は、娘との間に以前にはなかった溝があるのだと認めざるをえなかった。

娘への怒りもあったのだが、まずはきちんと調べなければいけないと思い、その子の自宅に行き事情を話し聞くのだが、親子共々『知らない』と言うばかり。

 

このままでは何も変わらない。

小学生から人のものを盗む子が、今日見逃されたらまた同じ事を繰り返すだけだ!!

 

一瞬やり過ぎかもしれないという思いが頭をよぎったが、警察を呼び警察指導の元、娘を友人宅にあがらせてもらい私達のものがないか探させてもらった。

 

 

予想通り・・・

 

 

出るわ出るわ・・・

 

 

娘の服

私の服

私の化粧品

 

ディオールやエスティローダー等、とても中学生で買えるものではない。

それを見ても、その子の親はポカーンとしている。

 

馬鹿か!?この親は!?

 

アパートで二部屋しかないのに、娘のものがこんなに増えてて何も気づかないのか!?

スポンサーリンク

心境の変化

この事件があり、ささやか過ぎる娘の反抗も終了。

信用すべき相手が誰か分かったのかも知れない。

現在高校生の娘は、すっかりマザコンに逆戻り。

今だにベタベタと甘えてきては「ずっと一緒にいようね」なんて言っている・・・

 

友人に言わせれば贅沢な悩みだと言われるけど、いつまでも自立しない娘に私は心から心配している。

反抗期は子供が自立するためのステップ。

大げさなくらいにあった方が絶対にいいと思う。

 

かつて私がやったように『うっせーくそばばぁ!』と言い、階段から突き飛ばしてくれたっていい。

反抗期「クソババア!死ね!」母親を階段から突き飛ばした私・・・

 

激しい反抗期に手に負えないと感じても、いつかきっと雪解けはくるし、子供が自立するために頑張っていると感じて欲しい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です