継母に育てられた人より「お父さん、虐待を認めてくれて有難う」

今日は私が継母から受けた虐待の話と、激しかった自身の反抗期のお話をさせていただきます。

私は現在、4歳の双子のお母さんです。

4歳ともなると身の回りのことが出来るようになり、自分の意思が強くなり小さな反抗が毎日のように出てくるようになります。

用意した服は嫌。

これじゃないと嫌。

自分で出来るから!!

自分でできない!!!

などなど、毎日イヤイヤの連発と子供同士の喧嘩で、私自身もイライラしてしまいます。

思わずお尻をペンペンしたり、「チッ」っと舌打ちが出ることも。

でもこんな時、ふと自分の反抗期のことを思い出すのです。

ペンネーム:ツインズママ

スポンサーリンク

複雑な家庭環境からの反抗期

私の家庭環境は複雑でした。

それは、私が小学生低学年の時に両親が離婚したからです。

当時お父さんが大好きだった私は、お母さんと離れお父さんと生活することになりました。

 

まだ低学年という事もあり、周りの環境の変化について行けず、活発だった性格もそれを機に大人しくなりました。

 

そんな時に新しいお母さんが出来たのですが、その新しいお母さんはお酒を飲んでは暴れる酒乱だったのです。

 

私には兄がいたのですが、何故か兄には優しく私には暴言、暴力があり、お父さんも見て見ぬふりでした。

 

始めは良い子にしていたらこの生活も終わると信じていたのですが、毎日続くこの生活に耐えきれずお父さんと離れ、実のお母さんの方で暮らすことになりました。

 

 

でも、お母さんにも内縁の夫がいました。

 

 

この頃私は中学生の多感な時期で、お母さんとは大丈夫だったのですが、その内縁の夫に対して「気持ち悪い」と思うようになり、高校生になってしばらくして家出をしました。

その後は、金髪にしたり暴言を吐いたり、はたまた引きこもり、昼夜逆転生活と荒れた反抗期に突入です。

スポンサーリンク

家出からの更生

私にはお父さんの家にもお母さんの家にも居場所がなく、自分の存在を確かめたくて家出したのかも知れません。

 

でも、家出をしたところで居場所なんてありませんでした。

 

そしてようやく気づきます。

自分自身で抜け出さないとダメなんだ・・・。

 

私は父方のおばあちゃんの家に転がり込みました。

 

小さい頃からおばあちゃん好きだったこともあり、住まわせてもらうようになりました。

更に、アルバイトをして家にお金を入れることで徐々に荒れた心も癒え、順調に一人暮らしや結婚、そして、母になったんです。

スポンサーリンク

消えない記憶。そして・・・

結婚する前、たまたまお父さんと話をしていて言われた言葉なのですが、これから先も一生忘れることのできないことを言われました。

 

「お前は継母に虐待されてたもんな。」

 

今まで溜まっていたものが溢れ出し、泣きました・・・

訳が分からず子供の様に泣いていたのですが、涙も落ち着いたと同時に気持ちが吹っ切れたのを感じました。

 

今までずっと何かを探し続けていたのだと思います。

何で私だけ?
私が悪いの?
いい子にしてれば何もされなくて済むの?
どうしたら怒られないの?

父の言葉で「あー、やっぱりあれは虐待だったんだ。」と答えにたどり着いた時、自分で自分を押し殺して生活していたことも客観的に見れるようになりました。

スポンサーリンク

複雑だけどシンプル

結局、幼少期の家族のコミュニケーションがどう取れてるか、その子の性格はどうなのか?それによって反抗期の大きさは絶対に変わると思います。

母となり育児をする中、子供につい強く言ってしまうこともあります。

子供も4歳の小さな体で力で言葉で必死にココロをぶつけてきます。

でも、私が経験した居場所がないっと感じさせることだけはしたくない。

 

きつく言いすぎた日、その次の日でも遅くはありません。

気づいた時には必ず子供に伝えるようにしています。

 

怒りすぎてごめんね。危ないから言うの。怪我するあなたを見たくないの。

これからも危ないこと、行儀の悪い事をしてたら注意するけど、その前に気をつけられそうかな?」

 

子供もスッキリした笑顔で返してくれます^^

「わたしも怒ってごめんなさい、気をつける!頑張るよ!」

伝える力の強さは違っても、同じだと思います。

二人の気持ちを分かり合わない限り、反抗期は終わりません。

 

ときどき子供に聞きます。

「お母さんの愛情足りてる?」

「足りないよー」と言われたら、ぎゅーっとして愛情チャージ!!!

「愛情満タンですかー?」

と満タンを確認し、笑顔で一日終われるようにしています。

反抗期の子供の気持ちとは?壮絶体験談まとめ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です